虚構推理の第1巻の簡単なあらすじ・ストーリー【アニメ化の前に無料試し読み】

原作者の城平京さんの描く怪異推理ミステリー小説「虚構推理」は小説3巻・コミック10巻まで好評発売中ですが、ついにアニメ化が決定しました。

城平京さんは「スパイラル~推理の絆~」や「絶園のテンペスト」などの人気作品も手掛けており、今作もアニメ化ということで注目が集まっています。

コミック作画の担当である片瀬茶柴さんは、虚構推理が初めて手掛ける作品となっていますが、絵の綺麗さや可愛さなどからかなり画力が高いのがわかります。口コミでも絵は大好評で今後も注目していきたいです。

アニメ化が決定した虚構推理ですが、名前からではなかなか内容が見えてこないのではないでしょうか?そこで第一巻のあらすじをざっくり紹介して虚構推理に興味を持っていただければと思います。

主人公の岩永 琴子は小さい頃に怪異に誘拐され怪異の知恵の神となることと引き換えに右目と左足を失ってしまいます。その結果毎月病院に検査に通うようになりました。

そんなある日、病院で桜川九郎というイケメンの男性に出会い一目惚れしてしまいます。彼には当時恋人がいましたがその後分かれたことから岩永 琴子は桜川九郎に猛烈なアプローチをかけて桜川九郎はその熱意に負けて付き合うことになりました。

2人が出会って数年後、真倉坂市に亡くなる前はアイドルをしていた七瀬かりんと呼ばれる少女に似た霊が出没するようになります。しかし、その幽霊は
鋼人七瀬となって人々を恐怖に陥れます。鋼人七瀬には顔がなくてその理由は彼女が亡くなるきっかけとなった事故が原因と考えられ・・・。

彼女の正体とは?そして岩永 琴子達はこの事件を解決できるのか?第一巻では岩永 琴子と桜川九郎の出会いと鋼人七瀬事件の始まりの話がメインになっています。

虚構推理の続きや内容が気になったら電子書籍で読むのがオススメ!
特にまんが王国、無料で試し読みできちゃうし、他にも面白いタイトルがたくさんありますよ♪
支払いも携帯料金と一緒に払えちゃうから便利です!

まんが王国【公式】

検索のところで「虚構推理」と検索すればすぐに見つかりますよー

タイトルとURLをコピーしました