orangeのちょいネタバレストーリー紹介【無料マンガで読めます!】

主人公の女子高生、高宮菜穂は2年生になった始業式の日に、差出人の名前が自分になっている手紙が届く。それは10年後の26歳になった自分から送られたものだというのだ。手紙には、10年後の自分が後悔していること、その後悔を16歳の自分に味わってほしくないこと、そのために今後起きることとそれに対して菜穂にしてほしい行動が書かれていた。

最初はいたずらかと思っていたのだが、手紙に書かれてあった通りに東京から成瀬翔が転校してきたのだ。さらに手紙には、翔のことを好きになること、翔が17歳の冬に事故で亡くなること、その事故は防ぐことが出来たと書かれていた。

菜穂は、10年後の自分が翔を事故から救うために手紙を書いたのだと感じとり、翔のいない未来を変えるべく手紙に書かれている通りに行動しようと努力する。手紙の通り、翔のことを好きになった菜穂が手紙を読み進めていくと、翔は事故死ではなく自殺の可能性があることが書かれていたのだ。ある日、菜穂や翔と仲の良い須和弘人から「手紙、とどいた?」と聞かれ、10年後の弘人から届いたという手紙を見せられる。

さらに仲間の村坂あずさ、茅野貴子、萩田朔らにも10年後の自分から翔を救うおうと書かれた手紙が送られていたことを知り、5人は翔がいない未来を変えようと協力をする。

作品の始まりは未来の自分から過去を変えるための手紙が届く、という決して珍しい切り口ではないかもしれません。なのに読んでるうちに引き込まれてしまいました。

とにかくピュアなキャラクターたちに魅力を感じました。主人公の菜穂は控えめな性格なので、これから起こる未来がわかっているにもかかわらず、うまく行動を起こせなかったりします。翔も主人公が好きになる男の子にしては、闇を抱えていて危うさを感じさせます。

読む人によって好みが分かれるキャラクターかなと思います。そこに妙なリアルさを感じさせられます。未来がわかっていても実際行動を起こそうとすると尻ごみもしますし、同じような悩みを抱える人なら翔の心理描写も共感を得られるのではないかなと思いました。

翔の仲間の優しさに癒されたり、菜穂のためにカッコいい部分を見せたり、かと思えば何かの拍子に負の感情に引っ張られたり、リアルで生活をしていれば、そういうことってあると思います。そんなキャラクターの心理描写に引き込まれたのだと思います。読んでてキャラクターに感情移入してしまう作品でした。

orangeを読みたいなら電子書籍がおすすめ!

orangeは書籍はもちろん、電子コミックでも読めます。

電子コミックのいいところは
・どこでも読める
・ダウンロードですぐに読める
・エロやグロ漫画でも店員に見られることなく買える!

さらに電子コミック大手の「まんが王国」なら、支払いをキャリア払いでスマホ料金と一緒にできるので、クレカ情報が漏れることもないのも嬉しいです。

無料で試し読みできる漫画が3000冊以上もあるので、ぜひ活用してみてくださいね。

まんが王国【公式】

検索のところで「orange」と検索すればすぐに見つかりますよー

タイトルとURLをコピーしました